予稿集

スクリーンキャプチャを用いた並列したゲーム世界ライフログ閲覧手法

Abstract

ユーザはゲームを通して様々な体験をしている.しかし,多くのユーザはゲームを遊ぶだけにとどま っており,ゲーム体験の記憶を振り返ることは行わず,ただ浪費されていく.また,ユーザは同じ時期に様々な種 類のゲームで遊ぶこともある.その結果,ユーザの記憶に残るそれぞれのゲームの情報が少なくなり,得られる体 験が多いにも関わらずただゲームを行うだけになってしまうことが多い.我々はゲームをゲームライフログとして 残すことが,より人生を豊かにすると考え,スクリーンキャプチャをベースとして並列した複数のゲームを体験と して記録し,思い出したり,探索したりといったことを可能にする手法を提案する.ここでは特に,時間軸に沿っ たスクリーンキャプチャ画像の配置や,ゲームごとの軸の導入によって,ゲームライフログを見返す新しい手法を 実現する.またユーザ実験を行い,本研究の提示方法によってユーザのゲームライフログの閲覧の仕方の変化につ いて調査を行う.

Information

Book title

第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019)

Date of issue

2019/02/22

Keywords

スクリーンキャプチャ / ゲーム / ライフログ / 画像閲覧 / 可視化

Citation

前島 紘希,阿部 和樹,中村 聡史.スクリーンキャプチャを用いた並列したゲーム世界ライフログ閲覧手法,第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019),2019.