研究報告

漫画における台詞発話者の自動判定に向けた技術的困難性による整理とデータセット構築手法の検討

Abstract

漫画のディジタル化に伴い,漫画コンテンツを情報処理の分野で分析・応用する研究が盛んに行われている.このような機械による自動分析の1つとして,漫画内に登場する台詞の発話者を判定する手法が必要とされている.本研究ではその手始めとして,発話者判定の手がかりとなる台詞の特徴を分析し,判定における技術的課題を整理した.また,台詞の発話者自動判定のためのデータセットを構築する手法を提案し,Webシステムとして実装した.また,システムの課題についてまとめ,今後の改良や検討課題などについて考察した.

Artifacts

Information

Book title

第2回コミック工学研究会発表会

Pages

7-14

Date of issue

2019/10/25

Keywords

コミック工学 / コミック / 漫画 / 電子書籍 / 話者推定 / アノテーション付与システム

Citation

阿部 和樹, 中村 聡史. 漫画における台詞発話者の自動判定に向けた技術的困難性による整理とデータセット構築手法の検討, 第2回コミック工学研究会発表会, pp.7-14, 2019.

Links