予稿集

平均化による崩れ文字可読化のための補正文字選定手法

Abstract

メモの走り書きや筆談などでは手書き文字が崩れてしまうことがあり,その文字を読めるようにしたいという崩れた手書き文字可読化の需要がある.これまでの研究で,不安定な状況下で筆記した崩れた手書き文字のデータセットを構築し,また平均化手法によって文字同士を合成することで,崩れた手書き文字を可読化することが可能であることを示した.しかし,平均化に際して,合成する手書き文字によっては,可読化ができないという問題が明らかになった.そこで本研究では,最適な可読化を行うため,手書き文字の崩れ方を文字の縦横比,密集度の2個の指標で定義し,それを補正する手書き文字を選定する補正文字選定手法を提案する.また,評価実験を行い,平均化によって90.5%の文字がきれいになったと評価された.

Artifacts

Information

Book title

第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2020)

Issue

A2-3

Date of issue

2020/03/02

Citation

二宮 洸太, 又吉 康綱, 中村 聡史, 鈴木 正明, 掛 晃幸, 石丸 築. 平均化による崩れ文字可読化のための補正文字選定手法, 第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2020), Issue.A2-3, No.1-8, 2020.

Links