研究報告

視線に追随したエフェクトによるデジタルコンテンツの体験拡張手法の提案

Abstract

デジタルコンテンツに対して演出を付与することにより,その面白さを増幅する試みや研究やシステムは多くなされている.しかし,これまでの研究やシステムではコンテンツの面白さを増幅可能なものであるが,コンテンツを作りこむ必要があるという問題があった.そこで本稿では,コンテンツを作りこむのではなく,コンテンツ視聴中のユーザの視線に追随させてエフェクトを重畳するだけで,コンテンツの体験を拡張する手法を提案する.また,実験により視線に追随したエフェクトのコンテンツによる適・不適やその特性を明らかにする.

Artifacts

Information

Book title

情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Volume

2016-HCI-169

Pages

1 - 8

Date of issue

2016/08/22

ISSN

2188-8760

Citation

山浦 祐明, 田村 柾優紀, 中村 聡史. 視線に追随したエフェクトによるデジタルコンテンツの体験拡張手法の提案, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) , Vol.2016-HCI-169, No.13, pp.1 - 8, 2016.

Links