研究報告

手書き文字に対する書き手識別と好感度に関する調査

Abstract

ある対象物と繰り返し接することで,その対象物への好感度が増すという単純接触効果はよく知られているものである.我々は,この単純接触効果が,人が長年書いて見ている自身の手書き文字についても現れるのではないかと考えた.そこで本稿では,実験により人がどのように自身の文字と他者の文字を区別しているのか,またどのような手書き文字の好感度が高くなるのかを調査する.実験ではまず,実験協力者が全員分の名前を複数回筆記して平均手書き文字を生成し,その平均手書き文字を判別できるかを明らかにする.次に,ある実験協力者が書いた文字を他の実験協力者が書いた文字と平均化して提示しても自身の文字を判別できるのか,またどのような文字に対して好感度が高くなるのかについても明らかにすることによって,手書き文字を人がどのように捉えているのかについて調査する.

Information

Book title

情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Volume

2016-HCI-169

Issue

6

Pages

1 - 8

Date of issue

2016/08/22

ISSN

2188-8760

Keywords

手書き文字 / 平均文字 / 単純接触効果

Citation

斉藤 絢基,新納 真次郎,中村 聡史,鈴木 正明,小松 孝徳.手書き文字に対する書き手識別と好感度に関する調査,情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) ,Vol.2016-HCI-169,Issue.6,pp.1 - 8,2016.

Artifacts

Links