研究報告
Admin

待機画面の視覚刺激が選択に及ぼす影響の調査

Abstract

多くのウェブサイトやアプリケーションにおいて,メディアファイルの読み込みや,その配置デザインを読み込むことは必要不可欠であり,その際にユーザが待機する時間が発生する.ここで待機中に表示する視覚的フィードバックのデザインが,ユーザの知覚する待機時間やシステムの満足度などに影響を及ぼすことが報告されている.しかし,このようなフィードバックのデザインがその後のユーザの行動に及ぼす影響はまだ明らかになっていない.そこで我々は,視覚的フィードバックのデザインがその後のユーザの選択行動に及ぼす影響に注目した.視覚的フィードバックはユーザがタスクの完了時間を推定するために視線を集中させるものであり,アニメーションをともなうものではユーザの視線を誘導し,その後の選択画面では視線が誘導された領域付近の選択肢が選ばれやすくなるという仮説を立てた.本研究では,表示位置とアニメーションの向きを変えたプログレスバーを用いて実験を行い,仮説の検証を試みた.その結果,左から右にアニメーションをするプログレスバーを提示すると選択が偏る傾向や,右から左にアニメーションをさせ上側に表示することで選択を公平化できる傾向が明らかになった.

Information

Book title

情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Date of issue

2021/01/21

Citation

横山 幸大, 中村 聡史, 山中 祥太. 待機画面の視覚刺激が選択に及ぼす影響の調査, 情報処理学会 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), 2021.