研究報告

集合知を利用した音楽キュレーションサービスの実装とその分析

Abstract

CGM の広がりなどによって,アクセス可能な音楽は膨大になっているが,その一方で音楽が埋もれてしまっている.音楽の検索に関する仕組みは多々あるが,音楽名やアーティストの名前,ジャンルなどのキーワードでしか検索することは難しく,「元気が出る曲」や「眠い時に聴く音楽」といったユニークな検索意図を持つ場合に,音楽にたどり着けないことは多い.そこで本研究では,音楽視聴者の持つユニークな音楽へのニーズに対して,それをリクエストとして投稿することで,他者が楽曲を回答してくれるという仕組みを実現し,集合知を利用することにより,適切な回答となる曲を収集し,プレイリストを構成する手法を提案する.本項では実際にユーザが音楽に対する需要を質問として投稿し,それに対して他者が楽曲を回答できるシステムとして mureQ を開発し,その利用状況についてユーザへのアンケートも交えながら分析を行った.また運用の結果によりその特性を明らかにした.

Artifacts

Information

Book title

情報処理学会 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC)

Volume

2021-EC-59

Pages

1-8

Date of issue

2021/03/09

Date of presentation

2021/03/17

Location

オンライン

ISSN

2188-8914

Citation

小松原 達哉, 松山 直人, 野中 滉介, 二宮 洸太, 斉藤 絢基, 中村 聡史. 集合知を利用した音楽キュレーションサービスの実装とその分析, 情報処理学会 研究報告エンタテインメントコンピューティング(EC), Vol.2021-EC-59, No.28, pp.1-8, 2021.