研究報告

負荷の高いタスクの並列提示がタスク遂行の意思に及ぼす影響

Abstract

日常生活においてやるべきタスクは多く存在している.しかし,タスクに対して負荷を感じることでタスク遂行へのモチベーションが上がらず,タスクを遂行しないことで,タスクが山積してしまうという問題が生じてしまう.我々はこれまでの研究で,やるべきタスクよりも負荷の高いタスクを並列提示することで,やるべきタスクの負荷を軽減し,モチベーションを向上する手法を提案してきた.また,提案手法によって提示しなかった時よりもタスクの遂行率が向上することが示唆された.しかし,この研究では実験協力者のタスク遂行時の状況を考慮しておらず,タスクを遂行しなかった理由が負荷によるものなのかが明らかになっていなかった.また,提示回数も十分ではなかった.そこで本稿では,タスクの種類を増やし,環境を統制したうえで,実際にタスクには取り組まない形式で提案手法の有用性について再検証を行った.実験の結果,提案手法においてやるべきタスクの負荷が比較タスクの負荷よりも小さくなるにつれて,タスク遂行への意思が向上することが明らかになった.

Artifacts

Information

Book title

情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Volume

2021-HCI-194

Pages

1-8

Date of issue

2021/08/16

Date of presentation

2021/08/24

ISSN

2188-8760

Citation

松山 直人, 中村 聡史. 負荷の高いタスクの並列提示がタスク遂行の意思に及ぼす影響, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2021-HCI-194, No.19, pp.1-8, 2021.