研究報告

ドレミハンドル: 操舵角に応じた音提示による運転支援システムの提案利用

Abstract

自動車の初心者ドライバにとって,個人での運転技能向上は難しい.人に指導してもらうこともできるが言語的な情報の認識には時間を要する.ここで運転においては様々な難しい点があるが,特にカーブ走行は操舵の量やタイミングが感覚的で初心者ドライバにとって習得が難しいといえる.そこで本研究では,操舵角(ステアリングホイールの回転角度)に応じた音階のサイン波を鳴らすことにより感覚的に操舵の量やタイミングを把握できる手法ドレミハンドルを提案する.またドライビングシミュレータ上でシステムを実装し,繰り返し同じカーブを走行する実験を行った.実験の結果,ドレミハンドルおよび通常のハンドルとで修正舵回数に有意差はなかったが,カーブの運転しやすさに関する主観評価では有意差が確認され,ドレミハンドルが運転を支援する可能性が示唆された.

Artifacts

Information

Book title

情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

Volume

2021-HCI-195

Pages

1-8

Date of issue

2021/11/23

Date of presentation

2021/11/30

Location

淡路夢舞台国際会議場 and オンライン(ハイブリッド)

ISSN

2188-8760

Citation

松田 さゆり, 中川 由貴, 船﨑 友稀奈, 細谷 美月, 松山 直人, 中村 聡史, 小松 孝徳, 鳥居 武史, 澄川 瑠一, 高尾 英行. ドレミハンドル: 操舵角に応じた音提示による運転支援システムの提案利用, 情報処理学会 研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2021-HCI-195, No.16, pp.1-8, 2021.