学位論文

適切な距離の学生に依頼可能なBotを利用した実験協力者募集手法の研究

Abstract

実験協力者の募集に対して気軽に参加できるようにするため,Botを用いた実験協力者募集手法の提案した.LINE Botで実装し,新たな研究室に導入可能とし,5つの研究室で運用を行った.その結果,募集に対して早い意思表示がみられることがわかり,Botを使うことで気軽な利用ができる手法であることがわかった.

Artifacts

Information

Book title

明治大学大学院 先端数理科学研究科 修士(工学)

Date of issue

2020/02/12

Keywords

実験協力者募集 / Bot / 研究室

Citation

樋川 一幸. 適切な距離の学生に依頼可能なBotを利用した実験協力者募集手法の研究, 明治大学大学院 先端数理科学研究科 修士(工学), 2020.